平成23年5月再販

平沢随貞先生秘伝

『 相 法 筆 語 』


(表紙の色は変更となることがあります)
定価 6,300円(税込) 完売品切
送料 600円 (代引送料 750円)

PDF版リーフレット

華やかな庶民文化を創り上げた江戸期
その庶民の間で大流行した人相・気色血色観法

 ◆中国人相にはない、日本の五術で唯一誇れる人相の気色・血色・画相観法。その気色・血色観法が確立された江戸後期の人相術秘伝!
 ◆気色・血色観法草創期のナマの人相術を伝える一書!
 ◆平沢流易で一世を風靡した平沢随貞の人相術秘伝!

 人相は五術の中でも古く、日本にも平安朝時代に、麻衣相法流の人相術が中国から伝えられました。江戸初期まではこの麻衣相法のままの人相でしたが、江戸末期に、気色・血色という、中国人相にはない人相観法が確立され、唯一、中国より日本の方が優秀な占術を生み出したのです(画相観法の確立は明治末期)。気色血色観法の確立者としてもっとも知られるのは水野南北です。
 本書の平沢随貞は、易占家としての方が広く知られています。平沢流という流派を打ち立てて一世を風靡したのです。その因は、易の解釈に庶民的な解釈を持ち込んだ事、高度な常識を職養道に上手に取り込んだ事にあります。そうした平沢随貞ですから、人相においても、庶民性、常識性を上手に生かし、庶民の間にはやらせたのでしょう。
 本書は、日本で気色血色観法が確立され、人相がもっとも、もてはやされた時代の人相術を伝える一書です。

『相法筆語』内容

顴骨/年寿/男女/口部/骨格詰集伝/相法極秘術の伝(火難の秘伝・剣難の秘伝・水難の秘伝)/黒痣極秘伝/血色十三部位の伝(天中・天庭・司空・中正・印堂・山根・年上・寿上・準頭・人中・大海・ 漿・地閣)/十二宮血色伝(命宮・財帛・兄弟・田宅・男女・奴僕・妻妾・疾厄・遷移・官禄・福徳・相貌)/五官の部位(眉・眼・耳・鼻・口)/眼目血色八宮伝(坎・艮・震・巽・離・坤・兌・乾)/小人形文章秘訣の大事/大儀目録清伝/面部血色の伝(福堂・眉間・奸門・山根・法令・地閣・駅馬・鼻)

Topへ